Googleのクラウドゲームサービス「Stadia」でいつでもどこでも快適なゲーム体験を!

Stadia GAME

みなさん、こんにちは!こんばんは!一ノ瀬玲です!皆さんは、ゲーム好きですか?

昔と違って、最近のゲームってとにかく映像がきれいで、作品によっては「これ実写なんじゃない?」なんて思うような、ものすごい映像の作品があったりしますよね。

とくにGTAなんて、実写そのものですよね!

私もついつい映像がきれいなゲームのプロモーション映像なんかを見ると、やってみたいなって思ってしまうんです。

しかしそう思ってゲームを買っていったらお金もバンバンなくなっていくし、何より家がソフトだらけになってしまったり、ダウンロード販売で買ってたらPCやゲーム機の容量があっという間に一杯になってしまいます。

そんな困ったことを解決する、めちゃくちゃいいサービスが我らがGoogleさんが提供し始めました!

そのサービスは「Google Stadia(グーグルステイディア/ステディア)」です!

Google Stadiaってなに?

まずこのサービスがどんなものか、というのをざっくりと紹介します。

Stadiaは、2019年11月19日にGoogleがスタートした、登録制クラウドゲームサービスというものです。

つまりStadiaに登録しておけば、クラウド上にあるゲームをプレイできる、という非常に便利なサービス!

これまでゲームショップに行って買っていたり、通販で買ったり。はたまたゲーム機やPC上でダウンロード購入をしていたゲームも、購入の手間なんかを完全省略可能!

「遊びたいな」と思ったときにStadiaからゲームを選べば、簡単にプレイできるんです!

そしてStadiaの嬉しいポイントが、画質!

なんとこのサービス、嬉しいことに4K HDR 60fpsに完全対応。

つまり昨今の実写と間違えるようの素晴らしい画質のゲームにも完全対応しているんです!

他にもゲーム配信者とすぐにマルチプレイができる「State share」などもあり、みんなでゲームを遊びたいなと思ったときにもすぐに遊べる機能もあります。

このサービス、めちゃくちゃ凄いサービスだと思いませんか?

Stadiaってどうやって利用するの?

このサービスの利用方法はメチャクチャ簡単。

というのも、このStadiaの特徴として「プレイするために用意するものがとても少ない」という特徴があるんです。

登録制のサービスなので会員登録を済ませた後、PCからプレイするならGoogle Chromeからサイトにアクセスしてプレイしたいタイトルを選ぶだけ。

しかもゲーミングスマホと呼ばれるようなハイスペック端末なら、そのままスマホでGoogle Chromeを起動してStadiaにアクセスしたら、PCと同じようにゲームが遊べます。

Chromecastなどテレビやモニタに直接挿すような端末を利用するなら、そこからStadiaにアクセスしてゲームを選ぶだけです。

後はゲームをプレイするUSBのコントローラーを用意しておけば、それだけでゲームがプレイできます。

ソフトを入れ替えたり、ダウンロードしたゲームを遊ぶためにソフトを起動したり、といった手間は一切不要!

遊びたいなと思ったら普段ネットをしてる状態からそのまますぐにゲームの世界に入り込めます。

どんなゲームが配信されてるの?

Stadiaは上記の通り2019年の11月に月額課金制でサービスを開始した始まったばかりのサービスです。(日本を含まない世界14か国)

そのため、配信されてるゲームタイトル自体はまだそこまで多くはありません。

しかし現在で78タイトルが配信されています。

有名所でいくと

・Dead by daylight

・Doom Eternal

・Huma fall flat

・PUBG(PlayerUnknown’s Battlegrounds)

・Final Fantasy XV

などがあります。

Googleは海外の企業なので、配信されているタイトルも日本のゲーム市場を狙ったものというより、海外のゲーマー向けのタイトルが多めです。

けれどもPVPが人気のDead by daylightであったりPUBGが遊べるというのは、とても嬉しいですよね!

気になるStadiaの料金は?

最後に、このStadiaというサービスを利用するにあたって1番気になる場所。

利用料金についてをご紹介していきます。

Stadiaには2つの料金プランがあります。

1つ目は無料プランの「Stadia base」です。

こちらのプランは名前の通り利用料金は0円。

しかし遊べるタイトルが限定されていたり、画質が4KではなくHD画質に制限されていたりと、いくつかのデメリットがあります。

2つ目は有料の「Stadia Pro」です。

こちらは月額10ドルの課金プランです。

特徴としては、定期的に無料タイトルが追加されたり追加購入できるゲームの割引がされたりと、お得要素がいくつもあります。

さて、ここまでGoogle Stadiaについて書いてきましたが、いかがだったでしょうか!

このGoogle Stadiaというサービス、非常に残念なことに日本ではまだ正式にサービスが始まっていません。

そのため、日本配信時には日本向けタイトルが増えるのか、はたまたゲームの音声や字幕はどうなるのか、というのは未定です。

しかしそんなことはさておき、私としてはこれからサービスが始まるのが非常に楽しみで、ワクワクが止まりません!

手軽に最高のゲームが遊べるのが、今から待ち遠しいです!

GAME
スポンサーリンク
シェアする
ホームへ戻る
NewSearch

コメント

タイトルとURLをコピーしました